• ¥520

発行者による作品情報

50歳を過ぎて心霊界にめざめた著者が、岐阜の幽霊住宅で江原啓之氏と体験したこと、江原氏が実況中継のように語ってくれた、死後の遠藤周作ら作家たちの姿、狐霊に憑依された女性の奇妙な話、父・佐藤紅緑の霊が語ったこと、霊能者の優劣……。著者が直接見聞きした、霊にまつわる不思議なエピソード満載。いまや「この世よりもあの世の友達のほうが多くなった」佐藤愛子さんの、怖くて切ない霊との交遊録。死は終わりではないからこそ、どう生きたらいいか考える1冊。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2007
9月10日
言語
JA
日本語
ページ数
132
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
829.2
KB

佐藤愛子の他のブック