• ¥800

発行者による作品情報

千鳥ヶ淵一番町にある高家の屋敷に、おこんらを伴って冬桜見物へと出かけた磐音。


美しい花を楽しでいたところに屋敷の主が城下がりしてくる。


すると、二人の武士が現れて、千宗易ゆかりの茶碗の返却を嘆願する。


一人が抜刀する騒ぎとなり、止めに入る磐音だが、後日、その武士が自裁したことを知る。


一方、尚武館には、見目麗しい孫娘に手を引かれた盲目の剣客がやってきて……。


その妖力の狙いとは!?

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
May 8
言語
JA
日本語
ページ数
336
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.4
MB

佐伯泰英の他のブック

このシリーズの他のブック