刑事の‪骨‬

    • 3.0 • 2件の評価
    • ¥850
    • ¥850

発行者による作品情報

連続幼児殺人事件の捜査本部を指揮する不破は、同期の落ちこぼれ警察官・田村の失敗で真犯人を取り逃す。17年後、不破を訪ねてきた田村が、その夜新宿歌舞伎町のビルの屋上から転落死する。不可解な死……。田村は定年後も単身、連続幼児殺人事件の捜査を続け、真犯人に迫っていた。当時、犯人の顔を見たのは田村だけと思われていたが、じつはもう一人目撃者がいたのだ。不破は田村の遺志を継ぎ、犯人捜査に乗り出す。時効を過ぎたにもかかわらず、なおも関係者を呪縛する事件の重さ。武骨、硬骨、気骨――刑事の生き様を余さず描いた骨太の警察小説。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2013年
10月10日
言語
JA
日本語
ページ数
432
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
967.5
KB

永瀬隼介の他のブック

2004年
2008年
2013年
2018年
2006年
2014年

カスタマーはこんな商品も購入

2017年
2018年
2018年
2015年
2018年
2019年