• ¥500

発行者による作品情報

中国進出をもくろむ日本企業、その裏に隠されていた悪質犯罪に爆発する刑事の怒り!

北京行きの中国航空機が成田を離陸直後、爆破された。墜落機には警視庁捜査四課・実相寺のネタ元が…。たんなるチンピラだった男がなぜ北京に? 男の行動に不審を抱いた実相寺は、事件を探るうち、その背後に中国進出をもくろむ日本企業の暗躍を知る。真相究明のため北京に飛んだ実相寺。だが、そんな彼を襲ったのは凶弾の洗礼だった。長篇ハードサスペンス。

●龍一京(りゅう・いっきょう)
1941年大分県生まれ。元兵庫県警察、司法警察官として主に公安を担当する。退職後、コンサルタント業等を経て、作家に転身。著者の実体験をふんだんに織り込んだ、リアルな刑事の実態を描く警察小説を得意とする。『偽装捜査』(光文社文庫)、『鬼刑事(デカ)謀殺痕』(祥伝社文庫)など著書多数。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2015
11月2日
言語
JA
日本語
ページ数
244
ページ
発行者
アドレナライズ
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
6.7
MB

龍一京の他のブック