発行者による作品情報

『初めて見たる小樽』は、明治時代の日本の歌人、詩人石川啄木。本名は石川 一(いしかわ はじめ)。この作品は底本の「「日本文学全集 12 国木田独歩 石川啄木集」集英社」では「評論・文学研究」としてまとめられている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1971
1月20日
言語
JA
日本語
ページ数
7
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.2
KB

石川啄木の他のブック