初恋だけど、最後の恋 ~再会した幼なじみはエリート商社マンでした‪~‬

    • 4.5 • 4件の評価
    • ¥550
    • ¥550

発行者による作品情報

海外赴任していた兄の帰国に合わせ、実家へ帰った玲奈。家族水入らずの夕食を想定していた玲奈だったが、実家に帰ってみると、そこには玲奈にとっては幼なじみかつ初恋の相手でもある兄の同級生、和己がいた。三年ぶりの再会は嬉しい反面、昔より遥かに男らしく魅力的になった和己に緊張し、戸惑う玲奈。食事が終わり、アパートまで和己の車で送ってもらうことになっても玲奈の緊張は晴れない。だが和己は昔のように玲奈をからかい茶化してばかりで、玲奈の緊張も和らいでいく。昔のようにじゃれ合っているうち話題は恋愛関係へと進み、玲奈はついついとんでもないことを口にしてしまう。「和己くんみたいなイケメンが昔からそばにいたから、他の男性には興味がわかなかった。和己くんのせいなんだから、責任取ってよね」 もちろん冗談のつもりだった玲奈に、しかし和己は「いいよ」とあっさりと答えてしまう。しかも玲奈を載せたまま、車は和己のマンションへと向かい……。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
12月25日
言語
JA
日本語
ページ数
86
ページ
発行者
くるみ舎
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
973
KB

紅カオル & マドカメグルの他のブック

2018年
2018年
2021年
2021年
2020年
2018年