別冊文藝春秋

別冊文藝春秋 電子版34号 (2020年11月号‪)‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

◆連載スタート◆

・藤井太洋「オーグメンテッド・スカイ」

2024年、鹿児島。寮で高校生活を送る僕たちは、インターネットの向こう側の世界に「ゲリラ戦」を挑むことにした。自由を獲得するために――。最旬青春小説、開幕!


[新連載エッセイ]

記憶に残る寮生活が、私に書く力をくれた。あの頃、テクノロジーの力があれば、どんな世界を切り拓いただろうか


・藤田祥平「すべてが繋がれた世界で/episode 1 その宛先には到達できません」

人類が総オンライン化し、悲しみが充満した世界で起きた大災厄――22歳以上の大人が消えた世界で、少年達は何を拠り所に生きていくのか。未来に託す、希望の物語


[新連載エッセイ]

ある日、バスの中から見た白昼夢のような風景。あれはてた街の姿に、ぼくは居ても立ってもいられなくなった


◆対談◆

・小川哲×松山大耕(僧侶)「別冊文藝春秋LIVE TALK vol.2」

「精神世界のニューノーマル」

現代的アプローチで人々に寄り添うために思索と実践を重ねる僧侶と、小説で社会のバージョンアップを目論むSF作家が語るウィズコロナ時代の〈こころの処方箋〉


◆短篇◆

・寺地はるな「灯台」

わたしの役回りはいつだって、みんなの引き立て役


◆インタビュー◆

作家の書き出し Vol.9 取材・構成 瀧井朝世

・阿部智里「どこから読み始めても、楽しんでもらえる作品でありたい。人気シリーズゆえの試練と、新章に込めた覚悟とは」


著者に訊く

・五十嵐律人 『法廷遊戯』

・蝉谷めぐ実 『化け者心中』 


◆連載小説◆

・島本理生「星のように離れて雨のように散った」

日常の些細なことが私を混乱させる。私に必要なのは……


・長浦京「アキレウスの背中」

この事件、もしかして思いっきり外交案件?


・相場英雄「マンモスの抜け殻」

重要参考人の美人投資家が語った、介護ビジネスの可能性


・伊東潤「夜叉の都」

武士の府を守る大義のため政子と義時は父・時政をも逐う


・澤村伊智「邪教の子」

この男は「大地の民」に壊された。そして俺の人生もまた


・今村翔吾「海を破る者」

行楽に出かけた女中たちが襲われた。一体誰が?


・澤田瞳子 「星落ちて、なお」

娘を絵師にはしない。父との関係がとよにそう決意させた


・夢枕獏「ダライ・ラマの密使」

首尾よく捕らえた追っ手から、秘密を聞き出すことに

ジャンル
小説/文学
発売日
2020年
10月20日
言語
JA
日本語
ページ数
488
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
45.1
MB

文藝春秋の他のブック

2014年
2015年
2014年
2015年
2016年
2016年

このシリーズの他のブック

2020年
2021年
2021年
2021年
2021年
2021年