別冊文藝春秋 電子版38号 (2021年7月号‪)‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

◆連載スタート◆

・三上延「シネマバー・ソラリスと探しもの」

レンタルビデオ店を“リメイク”し、オープンしたシネマバー。大人たちは束の間そこで、映画に想いを乗せて解き放たれる。映画とビール、恋とひみつの物語


[はじまりのことば]

映画好きがつい長居したくなるようなバーを舞台に自分の「好き」を詰めこんでみたら、こんなお話になりました


◆インタビュー◆

作家の書き出し Vol.13 取材・構成 瀧井朝世

・辻村深月「大人なら誰しも、子ども時代に封じて忘れてしまった大切なものがあるはず。新作『琥珀の夏』は、そんな記憶の扉を開ける長篇ミステリーです」


著者に訊く

・荻堂顕『擬傷の鳥はつかまらない』


◆エッセイ◆

[Iの告白]

児玉雨子「キャッチー・コンプレックス」


◆連載小説◆

・有栖川有栖「捜査線上の夕映え」

スーツケースのなかの死体から薫る、秘密の匂い。被害者の人生にいったい何があったのか? 火村英生シリーズ、最新作。


・一穂ミチ「光のとこにいてね」

高校で再会した結珠と果遠。もう無邪気には話せない


・木下昌輝「孤剣の涯て」

呪いの真相に近づく武蔵。しかし三木之助に異変が


・武田綾乃「世界が青くなったら」[最終回]

ミツルへの想いの正体は? 佳奈は奇跡を起こせるのか


・島本理生「星のように離れて雨のように散った」[最終回]

なぜか小説が書き進められない。その本当の理由は……


・長浦京「アキレウスの背中」[最終回]

ゴール目前、ついに悠宇はテロ実行犯と対峙する


・藤井太洋「オーグメンテッド・スカイ」

世界に勝負を挑むため、寮生は仮想通貨を発行することに


・相場英雄「マンモスの抜け殻」[最終回]

幼馴染のトラウマと、事件の解決。俺には何ができるのか


・伊東潤「夜叉の都」[最終回]

幕府を守るため政子は京への出陣を命じる。堂々の完結!


・今村翔吾「海を破る者」

御家人たちに見放された六郎に、思わぬ人物からの申し出が

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
6月18日
言語
JA
日本語
ページ数
755
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
35.6
MB

文藝春秋の他のブック

2014年
2015年
2014年
2014年
2016年
2017年

このシリーズの他のブック

2021年
2021年
2021年
2022年
2022年
2022年