• ¥660

発行者による作品情報

文豪・池波正太郎の傑作ベストセラー時代小説を実力派漫画家・大島やすいちが描破した、シリーズ累計発行部数250万部を超える人気作品。

凄腕の老剣客・秋山小兵衛とその息子・大治郎は人情の機微や因縁にまつわる事件・事象に相対しながら、自らの正義・価値観をもって万事を解決していきます。



本巻では、大治郎がかつて旅路で知り合った剣士と再会したことから騒動に巻き込まれる『栗の木下で』、自分が研いだ刀が辻斬りに使われたことに悩む青年を小兵衛が厳しくも温かく導く『使われた刀』、関八州で上方に負けない酒を造ろうと奮闘する若者たちの苦難を小兵衛が救う『多摩の酒』、年老いてから寺子屋を開こうと一念発起したの元博徒と秋山親子との活躍を描く『いろはにほへと』の四編を収録。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2021年
2月27日
言語
JA
日本語
ページ数
207
ページ
発行者
リイド社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
166.8
MB

大島やすいち & 池波正太郎の他のブック

このシリーズの他のブック