• ¥550

発行者による作品情報

木刀で相手を打ち殺すほどの凄まじい腕前の根岸兎角。彼は、病いに倒れた師・諸岡一羽を見捨てて出奔、武者修行の旅に出た。途中、豪商の娘を救った縁により、小田原に道場を開き大いに繁昌する。だが、一羽の高弟たちは兎角を師の仇と付け狙い、やがて江戸城大手門前の橋上で、因縁の果たし合いが……。剣と女に賭けた鬼才の奔放な生きざまを描く、人斬り絵巻。

ジャンル
小説/文学
発売日
1998
5月20日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
1.5
MB

峰隆一郎の他のブック