• ¥640

発行者による作品情報

軽微な犯罪から重大事件まで,被害者と加害者が生まれる狭間で,時にバッシングの矢面に立ち,助けもなく放置される「加害者家族」.家族ゆえに連帯責任を問われることも多い.支援団体を設立し10年になる著者が,豊富な実例に基づき,かれらの置かれる苦境やプライバシー問題など,海外との比較を踏まえ,支援の必要性を訴える.

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2020年
6月5日
言語
JA
日本語
ページ数
73
ページ
発行者
岩波書店
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.1
MB

阿部恭子の他のブック

2017年
2019年
2021年