• ¥1,400

発行者による作品情報

工作活動はこうして国家を侵食する!



金日成主義者による言論、司法、道徳、安保、

アイデンティティ破壊の手法。

朝鮮半島問題を攪乱する文政権の目的を読む。



緊急出版! 米朝会談後を見通す必読書



大統領はいかにして韓国を破壊したか

南北会談 文在寅が述べた金日成主義者の言葉

政権人事 秘書官以上の6割は学生運動出身者

積弊清算 親日、慰安婦の日韓合意も処罰対象

司法警察 政権が庇護する極左に手が出せない

歴史教育 左派教科書を廃止した前政権を告発

メディア 韓国最大の民放局が試験で思想調査



◎北朝鮮は建国以来、ずっと南北統一を追求してきた。1950年の朝鮮戦争で韓国を奇襲、武力で統一を果たそうとした金日成の野望は米国の介入で失敗に終わるが、その後も北朝鮮は目標を捨てなかった。「祖国統一」は金日成の遺訓であり、金正恩はその教示を実践しなければならない。

◎北朝鮮の第1の目標は、まず、米軍を朝鮮半島から駆逐すること。北朝鮮が米国を攻撃できる大陸間弾道ミサイル開発に国運をかけたのは、米国と戦うためでなく、米軍に朝鮮半島問題から手を引くように脅迫するためだ。(「はじめに」より)

ジャンル
政治/時事
発売日
2018
10月7日
言語
JA
日本語
ページ数
170
ページ
発行者
産経新聞出版
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.4
MB

李相哲の他のブック