• ¥5,400

発行者による作品情報

本書は、これまでほとんど顧みられることのなかった「社会保険」という制度概念の探求とその豊富化を行うものであり、わが国の社会保障政策とそれをめぐる理論状況に一石を投じようとするものである。

わが国の社会保障制度の充実は、20世紀の経済成長によるところが大きいが、これを可能にしたのが被用者保険制度の存在であることは,国民の基礎教養として共有されていない。

筆者の社会保障法研究は、大学院以来、すでに20年を経ようとしている。その大きな柱は、制度概念としての「社会保険」の探求であり,『医療保険の基本構造――ドイツ疾病保険制度史研究』を1997年に北海道大学図書刊行会より上梓した後も、折りにふれて研究業績を地道に発表し続けてきた。本書は、これまでの未発表論文と加筆修正を経た公表論文をまとめることにより、筆者の「社会保険」研究の集大成をねらうものであり、これを出版して世に問うことの意義は限りなく大きいと考える。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2015
12月9日
言語
JA
日本語
ページ数
390
ページ
発行者
北海道大学出版会
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
108.7
MB

倉田聡の他のブック