医者の目に‪涙‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

臨床医の宿命とはいえ、今までに多くの患者さんの死を看とった。静かな死、凄惨をきわめた死、子供の死、若人の死、母親の死、自らの命を絶った死、友人の死、そして肉親の死等々。いつも、虚ろな空間だけが残り、医者にならなかったら、こんな悲しい場面に立ち会わなくてすんだのにと思う(あとがき)。心に残る患者さん達との出会いと別れ、医者の胸の内をホンネで語ったエッセイ集。

ジャンル
小説/文学
発売日
1996年
3月24日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
622.6
KB

石川恭三の他のブック

2020年
2020年
2015年
2013年
1994年
2019年