十八の夏 <新装版‪>‬

    • ¥510
    • ¥510

発行者による作品情報

大学受験に失敗し、予備校に通う信也はある日、河川敷で絵を描いていた紅美子と出会う。やがて同じアパートに住むようになり、信也は紅美子と親しくなるが、信也は“ある事情”を抱えていたのだった……。「恋しくて恋しくて、その分憎くて憎くて、誰かを殺さなければとてもこの気持ち、収まらないと思った」--切なすぎる結末が感動を呼ぶ物語。第55回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した表題作を含む、珠玉の短編集。

ジャンル
ロマンス
発売日
2016年
8月4日
言語
JA
日本語
ページ数
236
ページ
発行者
双葉社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
2.7
MB

光原百合の他のブック

2013年
2018年
2019年
2012年
2022年
2015年