• ¥550

発行者による作品情報

東京で殺された男が遺(のこ)したダイイングメッセージ「ヒガサ」。沖縄に多い「比嘉」姓が捜査線上に浮かび、十津川は、那覇空港に降り立った。美しい故郷「沖縄」と、基地の街として、いまだ戦後を生きる「オキナワ」。米軍・GIの不審な行動を追う十津川は、事件の背後に、沖縄の悲劇を見た! 基地の街を殺意が走る!

ジャンル
小説/文学
発売日
2008年
5月20日
言語
JA
日本語
ページ数
180
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
856.7
KB

西村京太郎の他のブック

このシリーズの他のブック