十津川警部 十津川村 天誅殺人事‪件‬

    • 2.0 • 1件の評価
    • ¥590
    • ¥590

発行者による作品情報

十津川警部、ついに十津川村に立つ。

財団法人〈日本の自然と伝統を守る会〉理事長が十津川と名乗る男に殺された。現場に残された血書“義によって天誅を下すものなり”。自らの名を騙られた十津川警部は驚き戸惑いながらも捜査に乗り出す。その命名の由来となった奈良県十津川村、世界遺産に登録され脚光をあびる日本一広い村に足を踏み入れた十津川の前に次々と起きる殺人事件。その背景に、維新以来、歴史の闇に翻弄され続けた十津川村の存在が浮かび上がってくる。 全国津々浦々を駆け巡り事件を解決してきた名警部十津川シリーズにあって初の十津川村捜査行に拍車がかかる。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2008年
3月11日
言語
JA
日本語
ページ数
288
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
1.6
MB

西村京太郎の他のブック

2003年
2001年
2009年
1991年
2010年
2012年

このシリーズの他のブック

2011年
2014年
2003年
2018年
2019年
2009年