• ¥630

発行者による作品情報

ベストセラー街道を疾走し続ける “西村京太郎トラベルミステリー”。丸ごと1冊十津川警部シリーズの魅力満載―。 新宿のクラブホステスが絞殺された。捜査線上に浮かんだのは、なんと新宿署の警部だった。それも十津川警部の同期……。虚飾の街に絡めとられた男の行末を描く表題作「哀しみの余部鉄橋」をはじめとして「十津川、民謡を唄う」「北の空 悲しみの唄」「北への殺人ルート」の4作を収録。“人生は愛と友情と裏切りだ”。行間から哀感にじみ出る西村ミステリーの真骨頂がここにある。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2007年
7月1日
言語
JA
日本語
ページ数
348
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
1.1
MB

西村京太郎の他のブック

このシリーズの他のブック