十津川警部 幻想の信州上‪田‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

都内で、会社社長とクラブホステスが相次いで殺害された。どちらも背中を刃物で刺され、死体の顔の上には6枚の一文銭が置かれていた。同一犯による凶行と見られたが、被害者2人には共通点が見つからない。六文銭が戦国武将・真田幸村の旗印であることに注目した十津川警部は、真田家ゆかりの地、信州上田へ――。戦国と現代が交錯する傑作長編ミステリー!

ジャンル
小説/文学
発売日
2018年
11月20日
言語
JA
日本語
ページ数
280
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
640.9
KB

西村京太郎の他のブック

2003年
2001年
2006年
2013年
2014年
2009年

カスタマーはこんな商品も購入

このシリーズの他のブック

2013年
2009年
1991年
2009年
2010年
2001年