十津川警部「記憶‪」‬

    • ¥600
    • ¥600

発行者による作品情報

東京郊外で若手カメラマン誘拐事件が発生。しかし犯人からの要求はなく、3日後にカメラマンは無事保護された。十津川警部が被害者の身元を調べると、幼少時に河原で発見され養護施設で育てられたことがわかる。それ以前の彼の記憶は「SL、桜、2人の男女」という曖昧なものだった。十津川はこの記憶が事件に関わる鍵と睨み、捜査を開始する。その矢先、静岡の大井川鐵道で第2の事件が発生し…。傑作長編トラベル・ミステリー!

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2007年
10月25日
言語
JA
日本語
ページ数
185
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

西村京太郎の他のブック

2003年
2001年
2009年
1991年
2010年
2012年

このシリーズの他のブック

1992年
1989年
1991年
2016年
2013年
2011年