発行者による作品情報

明治時代のは日本の小説家、劇作家岡本綺堂。本名は岡本敬二(おかもとけいじ)。『半七捕物帳(筆屋の娘)』は底本の「「時代推理小説 半七捕物帳(二)」光文社文庫、光文社」では「日本の小説・文芸」としてまとめられている。本書で登場するのは、「(第一~四)」の4つ。

ジャンル
小説/文学
発売日
1990
3月21日
言語
JA
日本語
ページ数
27
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
27.3
KB

岡本綺堂の他のブック