発行者による作品情報

『南京虫日記』は、明治から昭和初期にかけて活躍した1882年5月14日 - 1953年2月25日)は、日本の歌人、精神科医、斎藤茂吉のエッセイと由来書である。
この作品は底本の「斎藤茂吉選集 第九巻 随筆」では「エッセイと由来書」としてまとめられている。初出は1981(昭和56)2月27日。(南京虫日記)私は夜明けまで起きている、二たび寝て大小数匹の南京虫を捕へ、碌々眠らずして一夜を明かした。

ジャンル
旅行
発売日
1933
10月2日
言語
JA
日本語
ページ数
13
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
16.2
KB

斎藤茂吉の他のブック