印象‪派‬

    • 2.0 • 1件の評価
    • ¥100
    • ¥100

発行者による作品情報

本書は、19世紀後半のフランスで起こった芸術運動である印象派の画家の作品を集めて編集しています。印象派の絵画は、輪郭線も固有色も否定し、荒々しい筆致で筆触を意識的に残した技法が特徴的で、対象の再現性を重視した伝統的な絵画の価値観を否定し、人の精神性を表現することを中心的な命題としました。

どうぞ、巨匠たちの描く溢れる精神性をお楽しみください。


 

目次


『印象・日の出』 モネ 

『日傘を差す女』 モネ 

『エプト川のポプラ並木、白と黄の効果』 モネ

『アルジャントゥイユの鉄道橋』 モネ

『国会議事堂 霧を貫く陽光』 モネ

『夢見るジュリー』 モリゾ 

『ゆりかご』 モリゾ 

『舞踏会にて』 モリゾ 

『寓話』 モリゾ 

『食堂にて』 モリゾ 

『ダンス教室』 ドガ

『フェルナンド・サーカスのララ嬢』 ドガ

『スター』 ドガ

『アブサント』 ドガ 

『ダンス教室 (螺旋らせん階段のある踊りの稽古場)』 ドガ

『サマータイム』 カサット 

『子供の入浴』 カサット 

『緑色の服を着た女性』 カサット 

『母と子』 カサット 

『お茶』 カサット 

『イエール川のカヌー』 カイユボット 

『イエール、雨』 カイユボット 

『屋根の上の雪』 カイユボット 

『ボート漕ぎ』 カイユボット 

『ピアノを弾く若い男』 カイユボット 

『目覚め』 ゴンザレス 

『オペラのロッジ』 ゴンザレス 

『白い服を着た女性』 ゴンザレス 

『一座の子供』 ゴンザレス 

『乳母と子供』 ゴンザレス 

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2014年
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
1
ページ
発行者
近代絵画研究会
販売元
KOJI KASHIMOTO
サイズ
15.3
MB

近代絵画研究会の他のブック

2014年
2014年
2014年
2014年
2014年
2014年