厄介なオン‪ナ‬

    • 3.5 • 2件の評価
    • ¥1,600
    • ¥1,600

発行者による作品情報

林真理子さんも絶賛の話題の書『母』
に続く書き下ろし最新刊!

芸能界という世界の中で商品であるには、
わたしはちょっと繊細すぎて、厄介であった。

容姿いじり、飯島愛さんのこと、パニック症など珠玉のエッセイ。
光浦靖子氏との対談「世間の目を気にして数十年生きてきました」収録。

【目次】
容姿いじり
講演会は難しい
愛さんのこと
有名人になってみて
アナログ人間
パニック症のこと
誰かといたい
ゲッターズ飯田くん
サイババに会った
ここだけの話
空気を読む
恋愛偏差値23
セックスについて
魅力的なオトコのポエム
40代は西向きの家を
ポンテ・ヴェッキオ
「ランド、行く?」
料理のこと
娘が好きな濃いめのミートソース
娘が好きな卵とほうれん草のスープ
娘が好きな濃いめの肉じゃが
ハワイが好きだ
人生で最高の映画
不思議な友人
ネタを書く!
キング オブ コント
もしいま「娘へ」という遺書をのこすなら

光浦靖子×青木さやか 特別対談
「世間の目」を気にして数十年生きてきました

ジャンル
小説/文学
発売日
2022年
3月17日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
大和書房
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
108
MB

青木さやかの他のブック