原体剣舞連 原体剣舞連

原体剣舞‪連‬

    • ¥330
    • ¥330

発行者による作品情報

原作は宮沢賢治が1922年に執筆した、岩手県奥州市江刺原体地区に古くから伝わる民俗芸能の一つである『原体剣舞』を見た若き日の体験を元に書き上げた詩歌『原体剣舞連(はらたいけんばいれん)』である。原体剣舞は先祖の霊を鎮めようと伝えられてきた念仏踊りの一種であると思われ、そのため踊り手の役はすべて子供達が演じ、その純真無垢で清らかさにより先祖の霊を鎮めようとしていたと考えられる。そんな少年剣士達の活躍、宮沢賢治の世界をより幻想的に描いた人気イラストレーター加藤洋之、改め加藤龍勇の幻想イラスト集である。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2022年
3月2日
言語
JA
日本語
ページ数
65
ページ
発行者
グループ・ゼロ
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
19.8
MB

加藤龍勇の他のブック

トーランドットの錬金術師 トーランドットの錬金術師
2020年
東京夢漂流 東京夢漂流
2022年
ANOTHER GREEN WORLD ANOTHER GREEN WORLD
2022年