原作版 左ききのエレン(1): 横浜のバスキ‪ア‬

    • 3.6 • 45件の評価
    • ¥630
    • ¥630

発行者による作品情報

天才になれなかったすべての人へ――。

朝倉光一は、大手広告代理店に勤める駆け出しのデザイナー。いつか有名になることを夢みてがむしゃらに働く毎日だった……。もがき苦しむ日常の中で、高校時代に出会った天才・エレンのことを思い出していた。

2015年、メディアプラットフォームnoteで公開されてすぐに話題を呼び、ウェブメディアcakes連載時も不動の人気を誇る「左ききのエレン」、待望の電子コミック化!「SNSポリス」「おしゃ家ソムリエおしゃ子! 」で一躍話題になった「かっぴー」が手がける、初の長編ストーリーマンガ。描き下ろし「左ききのエレン 2018」を収録。

『左ききのエレン』1巻 横浜のバスキア編
・1話「オレは、オレの事ばっかりだ」
・2話「ゴッホむかつく」
・3話「パパの手はそうじゃなかった」
・4話「主人公じゃないんだって」
・5話「名前はまるで呪いだよ」
・6話「何かにならなきゃ」
・7話「オレって佐藤可士和タイプじゃん」
・左ききのエレン 2018「横浜・山中書房にて」

■著者について
漫画家。株式会社なつやすみ代表取締役社長。武蔵野美術大学でデザインを学び、2009年卒業後は東急エージェンシーのクリエイティブ職に。アートディレクター・コピーライター・CMプランナーなど天職が見つからぬままアイデアを書き留めた絵コンテを量産する。2014年に面白法人カヤックへ転職。2015年9月、漫画を見た同僚に背中を押され、描いた漫画「フェイスブックポリス」をWEBサイトへ公開し、大きな反響を呼んでネットデビューを果たした。以降、「フェイスブックポリス」の続編「SNSポリス」をはじめ「おしゃ家ソムリエおしゃ子! 」「左ききのエレン」「おしゃれキングビート! 」「裸の王様VSアパレル店員」などWEBメディアでの多数の連載がはじまる。子どもの頃憧れた映画の脚本家やテレビ番組の構成作家など、自分が考えた物語を世に広める事を夢みて、2016年2月に株式会社なつやすみを設立した。社訓は「忙しく、遊ぶ。」。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2018年
8月29日
言語
JA
日本語
ページ数
185
ページ
発行者
ナンバーナイン
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
82.9
MB

カスタマーレビュー

ojarumaru617

面白い!

正直、最初はこの絵どうなの?と思いましたが、ストーリーがめちゃくちゃ面白い!
ジャンプ版を読んでいる人にオススメです。

かっぴーの他のブック

2018年
2018年
2018年
2019年
2018年
2018年

カスタマーはこんな商品も購入

2019年
2019年
2020年
2020年
2021年
2021年

このシリーズの他のブック

2018年
2018年
2018年
2018年
2018年
2018年