• ¥200

発行者による作品情報

原民喜の傑作118作品を掲載しています!

原民喜は明治から戦後まで活躍した日本の詩人、小説家です。

中でも、自身の広島での被爆体験を元に執筆した詩「原爆小景」や小説「夏の花」が有名です。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビの違いごとに一作品として紹介しています。

目次

秋日記
悪夢
青空の梯子
ある手紙
アトモス
淡雪
馬頭観世音
父が生んだ赤ん坊
小さな村
鎮魂歌
溺死・火事・スプーン
曇天
童話
永遠のみどり
永遠のみどり
縁起に就いて
絵にそへて
藤の花
風景
二つの死
二つの頭
冬晴れ
冬日記
玩具
原爆被災時のノート
原爆回想
原爆小景
原子爆弾 即興ニスギズ
五月
五年後
ガリヴア旅行記

背後
廃墟から
遺書


平和への意志
遍歴
雲雀病院
火の踵
火の子供
火の唇
火の唇
ヒロシマの声
比喩

酸漿
星のわななき
移動
飯田橋駅
稲妻
一匹の馬
椅子と電車
地獄の門
壊滅の序曲
壊滅の序曲
閑人
顔の椿事
滑走


奇蹟
気絶人形
コレラ
氷花
苦しく美しき夏
恐怖教育
「狂気について」など
街の断片
真夏日の散歩
魔のひととき
惨めな文学的環境
長崎の鐘

難船
夏の花
夏の日のちぎれ雲
夏の花

おふくろ
温度
魔のひととき
沙漠の花
災厄の日
三人
戦争について
四月五日
四五ニズム述懐
「屍の街」
心願の国
死について
死のなかの風景
潮干狩
白い呼吸

死と愛と孤独
書簡
少年
秋旻
出発

焚いてしまふ
丹那トンネル開通祝ひ
透明な輪
飢ゑ
うぐいす
牛を調弄ふ男
美しき死の岸に
忘れもの
棉の花
山へ登った毬
よみがへる父


夢と人生
夕凪
残雪

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
6月19日
言語
JA
日本語
ページ数
1,563
ページ
発行者
Micpub.com
販売元
PublishDrive Inc.
サイズ
9.6
MB

原民喜の他のブック

このシリーズの他のブック