• ¥550

発行者による作品情報

東京・立川(たちかわ)の銀行で強盗事件が発生。犯人の女が現場のガラスドアに残した「口唇紋」を手がかりに、北多摩署刑事・相馬(そうま)が必死の捜査を続ける。一方、作家・釣部渓三郎(つるべけいざぶろう)が一夜を共にした未亡人・八重川小夜子(やえかわさよこ)の娘が誘拐された。犯人の要求は身代金4億円! 二つの事件が奇妙な繋がりを見せた先に、意外な真相が浮かび上がった……。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
2005
12月20日
言語
JA
日本語
ページ数
205
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
677.9
KB

太田蘭三の他のブック