発行者による作品情報

「口笛を吹く武士」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の小説家である林不忘の短編小説。この作品は底本の「一人三人全集Ⅱ時代小説丹下左膳」[河出書房新社、1970(昭和45)年]に収録されている。佐原屋を突き止めた狂太郎の物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
1936
3月2日
言語
JA
日本語
ページ数
18
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
24.7
KB

林不忘の他のブック