• ¥1,300

発行者による作品情報

外見を評価し合う社会に、くじけなくていい
みんなが正解と思い込んでいる「可愛さ」にさよならを

Chapter 1 顔ですべてが決まることもある
なぜ、ブスは内面を磨くことを求められるのか?

Chapter2 絶望を飼って生きる
誰かのためじゃなく、自分のために。整形は犯罪ではない

Chpater3 恋愛はオムライスの上のパセリ
コンプレックスがあっても自信はつくれる

Chapter4 幸せの予約をぶん取る
他人のペースと違ったっていい。孤独をおびえる臆病さは捨てる

ジャンル
健康/心と体
発売日
2019
12月18日
言語
JA
日本語
ページ数
96
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.5
MB

カスタマーレビュー

るりるりたそ

とても良かったです。

もともと筆者さんのYouTubeチャンネルを知っていて動画も以前から見ています。軽い気持ちで購入しましたが一気に読破してしまいました。容姿に対する価値観については筆者さんの過去の考えと重なる部分があり、私自身も整形手術をしていることもあって1つ1つの言葉がすっと心に入ってくるような感覚でした。また、容姿の事以外でも将来を不安に感じている私にとってとても貴重な言葉が詰まっていて、想像以上でした。いつも卑下してばかりの自分を大切にしたいと思えました。私にとって大切な一冊となりました。「可愛い戦争」の渦中で容姿のことについて悩んでいる私のような人はもちろん、多くの人におすすめしたいです。