• ¥660

発行者による作品情報

女はそれぞれ音をもってるけど、いいか、角(かど)だつな。さわやかでおとなしいのが、おまえの音だ。料理人の佐吉は、病床で聞く妻の庖丁の音が微妙に変わったことに気付く……。音に絡み合う、女と男の心の綾を、小気味よく描く表題作。ほかに、「雪もち」「食欲」「祝辞」など、全10編。五感を鋭く研ぎ澄ませた感性が紡ぎ出す、幸田文の世界。

ジャンル
小説/文学
発売日
1995
8月2日
言語
JA
日本語
ページ数
298
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
602.1
KB

幸田文の他のブック