• ¥660

発行者による作品情報

かつては炭鉱で栄えたが、すっかり寂れ、高齢化ばかりが進む北海道苫沢町。理髪店を営む向田康彦は、札幌で働く息子の「会社を辞めて店を継ぐ」という言葉に戸惑うが……。(表題作) 異国からやってきた花嫁に町民たちは興味津々だが、新郎はお披露目をしたがらなくて――。(「中国からの花嫁」) 過疎の町のさまざまな騒動と人間模様を、温かくユーモラスに描く連作集。

ジャンル
小説/文学
発売日
2018年
12月20日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
658.3
KB

奥田英朗の他のブック