君のせいで今日も死ねない‪。‬

    • 4.2 • 11件の評価
    • ¥370
    • ¥370

発行者による作品情報

陰キャでも陽キャでもない、カーストもそこそこの俺。

けれどある日、屋上でばったりと「神に愛された完璧な美少女」と

名高い三峰彩葉が飛び降りようとしているところに遭遇する。



「放っておいて。私、もう死ぬんだから」



そんな彼女を止めて以来、二人で過ごす日々が始まった。空

き教室でピザを食べたり、夜のプールで花火をしたり。「私、

君といるのが楽しいのかも」「君のせいで死ねないじゃん」他

人の視線に怯えつつも、そっと心を開いてくれた三峰。“完璧

な自分”の仮面を取った彼女は、子どもっぽくも可愛くて――。



これは悩める美少女を、平凡で幸せな青春へと導く物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2021年
8月20日
言語
JA
日本語
ページ数
193
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
10.1
MB

カスタマーレビュー

autumn ,

ひたすらに美しい物語

とにかくまず主人公の考え、行動が好きでした。自殺を図るヒロインを刺激しないよう、表面上ゲスなことやおちゃらけたことを吐いて、美辞麗句に疲れてしまった彼女を笑わせながらも、内心は冷や汗ダラダラでかなり真面目に考えている主人公が応援したくなってしまってたまらない。
努力の甲斐あって変わっていく関係性と心情、主人公によって計画される様々なイベント(海に行ったり、パーティしたり、水族館に行ったり)の一つ一つが美しく、見ていて幸せな気分になります。
無条件に「死んじゃダメだ」とか「命は大切だ」みたいな綺麗事が吐かれないことがよりその美しさを際立たせてるのがまた良いなと。
生きることに疲れ、でも本気で死にたいとまでは思ってない「特別」に憧れる主人公と、「特別」であることに疲れ、生きることが苦痛になってしまった少女の対比もすごく良かったです。
鍵と鍵穴みたいに「特別」を求める主人公と「特別」を嫌悪するヒロインがピッタリ合わさっていく様子は、まさに運命と呼ばれるものを感じられてまた美しく、幸せと感嘆で後味が全て占められるような感じを覚えました。とてもお勧めしたくなる作品です。

飴月 & DSマイルの他のブック

2022年
2022年
2022年