• ¥950

発行者による作品情報

傭兵ではなく自前の軍隊をもち、人民を味方につけ、時には道徳的な悪をもためらわない。フィレンツェ共和国の官僚で外交軍事の実務を担ったマキャヴェッリが、君主に必要な力量(徳)を示し、キリスト教的モラルから脱却した新しい君主像を提言した主著。マキャヴェッリのいうリアリズムとは現状追随ではなく、理想を実現するためにリアリストに徹するということである。近代政治学における最重要古典。

ジャンル
政治/時事
発売日
2017
9月20日
言語
JA
日本語
ページ数
205
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
997.7
KB