味いちもんめ (04‪)‬

    • 3.6 • 5件の評価
    • ¥700
    • ¥700

発行者による作品情報

岩田は、「藤村」でもベテランの仲居。盛り付けの間違いや料理の味の善し悪しなど、すぐに見抜いてしまうので、花板の熊野からも一目置かれていた。だが、口の悪い伊橋は、その個性的な風貌を“オコゼ”にそっくりなどと陰でからかっていた。ある日、ボクシングの日本チャンピオン・辻本が「藤村」を訪れる。辻本は、試合当日の昼食は、岩田の細やかな気配りで落ち着ける「藤村」ですると決めているのだ。しかし、今回は減量に失敗して体調を崩していた。これを見て取った岩田は、特別に「おぼろ梅」を用意させる。この一品が辻本の食欲を呼び起こし、減量の失敗で危ぶまれた防衛戦に勝つことができた。確かに岩田の風貌は、虎魚(おこぜ)同様いかついが、その中身も虎魚(おこぜ)同様、逸品の「藤村」の名物仲居であったのだ。

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1988年
3月30日
言語
JA
日本語
ページ数
218
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
57.5
MB

倉田よしみ & あべ善太の他のブック

2023年
2022年
2020年
2019年
2019年
2020年

このシリーズの他のブック

1988年
1988年
1989年
1989年
1990年
1990年