• ¥610

発行者による作品情報

「煮物の味付けがおかしい。薄すぎる」と、ある客からクレームが来る。そんなハズはないと興奮気味の伊橋に、熊野はもう少し濃い目の味付けにしろ、と命ずる。「藤村」の味を守らなければいけないのでは、と不満気な伊橋に、熊野は「“藤村”の味を守ることは大事だが、少し譲歩すればすむことだったら、時には客の側に立つことも大事だ」と諭す。その翌日、機能の熊野の言葉が腑に落ちない伊橋は友達のガッちゃんに会いに茅ケ崎を訪れた。そこで、ある夫婦ゲンカに巻き込まれて……

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
1996
10月30日
言語
JA
日本語
ページ数
206
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
56.6
MB

倉田よしみ & あべ善太の他のブック

このシリーズの他のブック