哀しき‪父‬

    • 3.5 • 2件の評価

発行者による作品情報

1922(大正11)年発表の処女作品である。場末の下宿屋で孤独な作家である父が、生活苦のために郷里青森へ帰した子への思いを描いた短編小説である。子と同居したときに買っていた金魚を街中で見かけたときのわが子への思いの哀切、梅雨時の崖下の陰鬱な下宿屋、病気に苦しむ下宿人、貧困な学生、買春する男と買春する近所の主婦、病院へ担ぎ出される瀕死の下宿人、挙句には自分の喀血など、自己の周辺が雰囲気を持って描き出される。ただ、私小説とは言いながら、最後の喀血は虚構という。

ジャンル
小説/文学
発売日
1922年
1月1日
言語
JA
日本語
ページ数
12
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
18.6
KB

葛西善蔵の他のブック

1921年
1922年
1916年
1973年
1956年
1925年

カスタマーはこんな商品も購入

2013年
1928年
2013年
1956年
2015年
1928年