• ¥300

発行者による作品情報

中尾は春のパリから帰り得体の知れないピエールの実家を訪ね、父の名が宮本蔵人と判った。一年半後に秋のフランスを旅した。奇遇でピエールに逢ったが、父の真の名前など教えても無頓着だった。商社時代にホームステイさせたアンリをストラスブールに訪ねた。中尾の秘書の安納由美と結婚していたが、すでに彼女は天国の人。主人が認知症の清子とはルーアンに旅し、日本に帰りたいと泣かれベッドを共にした。佐竹とはリヨンで会い縁者から義絶され異邦人として生きると嗚咽した。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
1月15日
言語
JA
日本語
ページ数
41
ページ
発行者
インタープレイ
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

桜田靖の他のブック

このシリーズの他のブック