発行者による作品情報

この作品の作家は、三木 清(みき きよし、1897年1月5日 - 1945年9月26日)は、(西田左派を含めた上での)京都学派を代表する哲学者。弟に中国文学者の三木克己がいる。「哲学入門」は、哲学に入る門は到る処にある。諸君は、諸君が現実におかれている状況に従って、めいめいその門を見出すことができるであろう。ここに示されたのは哲学に入る多くの門の一つに過ぎぬ。しかし諸君がいかなる門から入るにしても、もし諸君が哲学について未知であるなら、諸君には案内が必要であろう。この書はその一つの案内であろうとするものである。この作品は底本の「三木清全集 第七巻」では「哲学」としてまとめられている。初出はは1967(昭和42)年4月17日。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1971
1月15日
言語
JA
日本語
ページ数
185
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
94.1
KB

三木清の他のブック