• ¥200

発行者による作品情報

国木田独歩の全集50作品を掲載しています!

国木田独歩は明治時代に活躍した小説家、ジャーナリストです。

「武蔵野」「牛肉と馬鈴薯」などの浪漫的な作品の他に、「春の鳥」「竹の木戸」などで自然主義文学の先駆としても知られています。

※同一の作品でも、新旧の仮名遣いやルビの違いごとに一作品として紹介しています。

目次

あの時分
画の悲み
畫の悲み
源おじ
号外
牛肉と馬鈴薯
牛肉と馬鈴薯
牛肉と馬鈴薯
春の鳥
初恋
非凡なる凡人
非凡なる凡人
日の出
疲労

遺言
女難
河霧
少年の悲哀
郊外
小春
恋を恋する人
恋を恋する人
窮死
まぼろし
節操
都の友へ、B生より
武蔵野
怠惰屋の弟子入り
二老人
二少女
置土産
おとずれ
石清虚
鹿狩り
詩想
酒中日記
酒中日記
酒中日記
空知川の岸辺
竹の木戸
たき火
富岡先生
初孫
運命論者
わかれ
忘れえぬ人々
夜の赤坂
湯ヶ原より
湯ヶ原ゆき

ジャンル
小説/文学
発売日
2018
6月25日
言語
JA
日本語
ページ数
1,541
ページ
発行者
Micpub.com
販売元
PublishDrive Inc.
サイズ
10.2
MB

国木田独歩の他のブック

このシリーズの他のブック