国民安全保障国家論 世界は自ら助くる者を助く 国民安全保障国家論 世界は自ら助くる者を助く

国民安全保障国家論 世界は自ら助くる者を助‪く‬

    • ¥1,900
    • ¥1,900

発行者による作品情報

ロシアの侵略と戦うウクライナの姿は、日本人に「安全保障」の現実を教えてくれた。


コロナ危機で米中対立が激化し、ウクライナ危機で"米国ブロック"と"中国・ロシアブロック"の対立へと拡大しつつある。さらに、気候変動に伴うエネルギー危機も重なる。今ほど安全保障の枠組みが根底から揺さぶられている時代はない。

今こそ日本の「国の形」と「戦後の形」のありようを検証し、安全保障と危機管理の観点から、新たな安全保障の構想を描かなければならない。

その中でひとつ、確かなことがある。コロナ危機とウクライナ危機を通じて、私たちが突きつけられた厳しい現実である。


自分たちを守ることができない社会は生き残れない。

自分の国を自分たちで守れない国は生き残れない。

天は自ら助くる者を助く。


明治開国の時、日本の国民は独立自尊の精神を学んだはずだ。その精神を改めて噛みしめねばならない。


【目次】

序章ウクライナ危機とコロナ危機:世界は自ら助ける者を助く

第1章ウクライナの悲劇

第2章米中「新冷戦」と日本の選択

第3章経済安全保障政策の戦略課題

第4章“グリーン大動乱”とエネルギー危機

第5章「強い社会」が決する国々の興亡

第6章「長い平和」のマジックが消える

第7章「民間臨調」が総括した「日本モデル」の虚構と真実

第8章日本の敗戦:「フクシマ」と「コロナ」

第9章「ワクチン暗黒国家」:日本の不作為

第10章コロナ危機が問いかけた自由と民主

第11章国民安全保障国家論

終章時代はわれわれに何を求めているか

ジャンル
政治/時事
発売日
2022年
6月14日
言語
JA
日本語
ページ数
336
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
1.7
MB

船橋洋一の他のブック

21世紀 地政学入門 21世紀 地政学入門
2016年
米中戦争前夜―――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ 米中戦争前夜―――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ
2017年
こども地政学 なぜ地政学が必要なのかがわかる本 こども地政学 なぜ地政学が必要なのかがわかる本
2021年
地経学とは何か 地経学とは何か
2020年
カウントダウン・メルトダウン(上) カウントダウン・メルトダウン(上)
2016年
検証 日本の「失われた20年」―日本はなぜ停滞から抜け出せなかったのか 検証 日本の「失われた20年」―日本はなぜ停滞から抜け出せなかったのか
2015年