• ¥590

発行者による作品情報

「死ぬなら戦場で死にたい」と、函館五稜郭で討幕軍に討たれた土方歳三。幕府の崩壊と共に消えた新選組の鬼副長として活躍した彼は、局長・近藤勇が官軍に投降した後も、新選組の指揮をとり、最後の最後まで戦い続けた――。頼みとする会津も敗れ、仙台で榎本武揚軍に加わる。そして、函館での凄絶な闘死。

冷徹無比と言われた男の美しい生きざまとその魅力を浮き彫りにする力篇。

ジャンル
小説/文学
発売日
2001年
3月1日
言語
JA
日本語
ページ数
260
ページ
発行者
小学館
販売元
Shogakukan, Inc.
サイズ
1.3
MB

広瀬仁紀の他のブック