発行者による作品情報

『地球儀』は、1896年(明治29年)11月12日 -1936年(昭和11年)3月24日)、日本の小説家、牧野信一の作品。初出は「文藝春秋 第一巻第七号(七月創作附録号)」文藝春秋社、1923(大正12)年7月1日。この作品は祖父の十七年の法要で小田原の家に帰った彼が父の事を母親と話しているについて書かれている。

ジャンル
小説/文学
発売日
1927
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
8
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.7
KB

カスタマーレビュー

一番星4号

ニュースで見たので…

いつだったのか忘れてしまいましたが、ニュースで見て気になったので、ダウンロードしてみました。
作者についてはよく知りませんでしたが、短編ということもあり、サクサクと読めました。

牧野信一の他のブック