坑夫の‪子‬

    • 4.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

日本のプロレタリア文学を先導した作家、葉山嘉樹の短編小説。発電所の掘削のため昼夜問わずダイナマイトを手に働き続ける坑夫達。日々、事故によって死体が作られていくその職場で秋山と小林という坑夫が死ぬ。彼らの子供が死体の首を無理に持ち上げている様は涙を誘う。厳しい労働を描くことで、社会の変革を求めるプロレタリア小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
1930年
5月2日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
13.8
KB

葉山嘉樹の他のブック

1972年
1972年
1954年
1931年
1983年
1930年

カスタマーはこんな商品も購入

1922年
2015年
2015年
2004年
2015年
2015年