堆塵館 堆塵館
アイアマンガー三部作

堆塵‪館‬

アイアマンガー三部作

    • 4.3 • 3件の評価
    • ¥3,200
    • ¥3,200

発行者による作品情報

19世紀後半、ロンドンの外れの巨大なごみ捨て場。幾重にも重なる屑山の中心に「堆塵館」という巨大な屋敷があり、ごみから財を築いたアイアマンガー一族が住んでいた。一族の者は、生まれると必ず「誕生の品」を与えられ、一生涯肌身離さず持っていなければならない。15歳のクロッドは、聞こえるはずのない物の声を聞くことができる変わった少年だった。ある夜彼は屋敷の外から来た召使いの少女と出会う。それが一族の運命を大きく変えることに……。『望楼館追想』から13年、著者が満を持して贈る超大作。

ジャンル
SF/ファンタジー
発売日
2016年
9月30日
言語
JA
日本語
ページ数
433
ページ
発行者
東京創元社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
13.5
MB

エドワード・ケアリー & 古屋美登里の他のブック

穢れの町 穢れの町
2017年
肺都 肺都
2017年
おちび おちび
2019年
望楼館追想 望楼館追想
2023年
呑み込まれた男 呑み込まれた男
2022年
飢渇の人 エドワード・ケアリー短篇集 飢渇の人 エドワード・ケアリー短篇集
2021年

このシリーズの他のブック

穢れの町 穢れの町
2017年
肺都 肺都
2017年