発行者による作品情報

明治から大正時代の日本の小説家、評論家、翻訳家である森鷗外の小説。堺を警備する土佐藩の歩兵隊が、上陸したフランス水兵を攻撃し、多数の死傷者を出す事態に。幕末の事件を題材にした歴史小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
1918
2月1日
言語
JA
日本語
ページ数
33
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
29.5
KB

森鴎外の他のブック