• ¥1,300

発行者による作品情報

ソクラテス哲学の核心にある「反駁的対話」の構造と意味を分析し、それがかれの倫理的信念といかに関わるかを考察する。さらに、この倫理的信念の彼方に現れる「無知の自覚」が、ダイモニオンの囁きと共に、なにか超越的なものを示唆することを推定する。

ジャンル
伝記/自叙伝
発売日
2014
2月6日
言語
JA
日本語
ページ数
396
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
1.2
MB

岩田靖夫の他のブック