• ¥1,200

発行者による作品情報

二十世紀日本を代表する知識人・加藤周一が四半世紀にわたって朝日新聞に連載した時評エッセイ。とりあげられる様々な出来事は、より大きな射程と普遍性を持って多様な角度から位置づけられ、それらが、巧みな構成と警抜な比喩でつづられる。最終巻となる本巻には、2001年から加藤の絶筆となった2008年7月掲載分までを収めた。単行本未収録分を含めた完全版。

ジャンル
小説/文学
発売日
2016年
4月10日
言語
JA
日本語
ページ数
368
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
14.7
MB

加藤周一の他のブック

このシリーズの他のブック