• ¥550

発行者による作品情報

「夜の樹」は、1949年に出版されたカポーティの唯一の短編集で、「夢を売る女」「誕生日の子供たち」「最後の扉を閉めよう」「銀の酒壜」「ミリアム」「無頭の鷹」「私の言い分」「夜の樹」の8編からなる。多くは人間の深奥にひそむ欲望や夢をシュールに描いた作品であるが、「誕生日の子供たち」のような幼年期への郷愁から生れた自伝的色彩濃厚な心優しい作品も含まれている。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014年
8月12日
言語
JA
日本語
ページ数
284
ページ
発行者
グーテンベルク21
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
679.5
KB

トルーマン・カポーティ & 龍口直太郎の他のブック

2008年
2020年
1994年
2005年
1994年
2015年