夜の触手 夜の触手

夜の触‪手‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

〈ヘッドライトの光が広い野を掃いて渡ったが、村に沿った、この道までは届かなかった。ただ、ひろ子の眼だけが光を映して輝いた。三郎がその眼を、横眼で見ていると、ひろ子が向き直って「そんな見かたをしちゃ、好きになっちゃうじゃないの」と言った。その時、三郎の一生はきまったのである〉倖せに包まれた三郎の日は束の間、ひろ子は水死体で発見された。『事件』で推理作家協会賞受賞の著者が、緊迫のサスペンスで描く推理長編。

ジャンル
ミステリー/スリラー
発売日
1983年
1月25日
言語
JA
日本語
ページ数
216
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
560.4
KB

大岡昇平の他のブック

野火 野火
1954年
野火 野火
1970年
俘虜記 俘虜記
1967年
恋愛論 恋愛論
1970年
事件 事件
2014年
靴の話 大岡昇平戦争小説集 靴の話 大岡昇平戦争小説集
1996年